楽天市場に出店している競合の調査方法と差別化についてご紹介

楽天市場に出店している競合の調査方法と差別化についてご紹介

楽天市場で収益を上げるためには、競合店舗と差別化を図り、多くのユーザーを集客する必要があります。

しかし、一言で差別化とはいったものの、そのなかにはさまざまな要素が含まれています。

そのため、どのポイントで差別化を図るのかを検討しなければなりません。

今回は、楽天市場に出店している競合の調査方法と差別化の方法についてご紹介します。

 

楽天市場における競合とは?

楽天市場をはじめとして、ECモールや実店舗における競合とは、下記の2種類になります。

  • 自店舗が取り扱っている商品と似た商品を販売している店舗
  • 自店舗で特に売れている商品を販売している店舗

 

楽天市場のなかには、特定のジャンルに特化した商品を取り扱っている店舗があります。

皆様が運営している店舗も、特定のジャンルに特化しているところがあるでしょう。

そのような場合、競合店舗と類似するような商品群を取り扱うことになります。

実店舗でいうと、同じ商圏内にある料理屋どうしやアクセサリーショップどうしが競合する他店舗になるのです。

ECモールでは商圏という概念がなく、全国の出店者が競合する店舗になりえます。

一方、楽天市場の店舗には売れ筋商品を集めて販売しているような店舗も存在しています。

自店舗で売れているもののなかには市場でのニーズが高いことから、複数の店舗が販売しているものがあります。

そのため、売れ筋商品を楽天市場で検索し、複数の店舗がヒットしたときは、それらは競合店舗といえます。

自店舗の検索結果が低い場合、他店舗にユーザーを取られている可能性が高いです。

 

競合店舗の考え方

こちらでは、具体的にどのような店舗が競合店舗になるのかをご説明します。

 

検索順位が自社よりも上である

楽天市場の利用者の多くは、検索窓に商品名や特徴などを入力し、上位表示されている検索結果を参照します。

複数ページにまたがる場合、後半のページは見られる可能性が低く、結果として購入率の低下を招きます。

楽天市場で収益を上げるための手法のひとつとして、特定のキーワードで上位表示を獲得する「SEO対策」が挙げられます。

SEO対策は対象となる自社ページにキーワードや説明などを追加し、検索エンジンとユーザーに分かりやすくすることが重要です。

たとえば、ユーザーは下記のようなポイントをチェックしていると考えられます。

  • サムネイル画像
  • ポイント還元率
  • 品質、商品詳細
  • 配達日数
  • 販売実績、レビュー数 など

 

上位表示ページと自社ページを比較し、何が不足しているのかを確認することで追加する項目が見えてくるはずです。

 

広告の配信状況

競合店舗によっては、特定の商品を広告で配信していることがあります。

広告は検索結果に表示されたり、画像形式で表示されたりするため、比較的分かりやすいのではないでしょうか。

競合店舗が広告を配信していた場合、自店舗も広告を配信することで広告の枠を取り返せる可能性があります。

しかし、広告の予算が少なかった場合は広告枠を獲得できない可能性があるため、運用しながらの改善が求められます。

 

競合店舗分析でおさえるべきポイント

下記にて、競合店舗分析でおさえるべきポイントをご説明します。

 

ユーザーニーズ

競合分析の目的は自店舗で購入してもらうことであり、そのためにはユーザーのニーズを理解する必要があります。

たとえば、他店舗のページが情報を充実している場合、ユーザーは「分かりやすい」「親切」と思うことでしょう。

同じページを掲載していても、より詳しく情報が記載されているページのほうが、商品の特徴を理解しやすいものです。

また、ユーザーのニーズには商品クオリティだけではなく、価格も含まれています。

商品を購入する際、高いよりも安いほうが良いというのは誰もが思うことではないでしょうか?

このように、競合店舗分析を行う際には、ユーザー目線でニーズを確認しておきましょう。

 

ユーザー体験

楽天市場を利用する多くのユーザーが商品を購入する際、評価やレビューを確認しています。

レビューのなかには商品の使い勝手や、店舗そのものの対応などさまざまな情報が記載されているものです。

競合分析においても、評価やレビューといったユーザー体験に関する情報はとても参考になります。

下記は、ユーザー体験をリサーチする際に調べておくべき情報の一例です。

  • 商品価格
  • 購入までの導線
  • 画像との相違
  • アフターサービス
  • 梱包状況 など

 

競合店舗に商品を取られていると考えられるときは、ユーザー体験に問題があることがあります。

 

ショップそのものの運営状況

楽天市場では商品ページだけではなく、ショップのトップページなどを作成できるため、そちらもリサーチしておきましょう。

デザインやジャンル、ユーザーの目を引く特徴など、確認しておくべきポイントは多くあります。

下記は、競合ショップの運営状況をリサーチする際に、おさえておくべき要素です。

  • ページ構成
  • 特徴、アピールポイント
  • ジャンル、商品ラインアップ、商品数
  • 新商品の登場頻度
  • 商品価格
  • ポイント還元
  • 39ショップの対応状況
  • あす楽対応
  • アフターサービスの有無
  • 検索結果の表示順位
  • 広告の配信状況

 

これらを可視化することで、自店舗に足りないものを明確にすることができます。

 

分析結果の活かし方

競合店舗のリサーチは情報をまとめることが目的ではなく、得た情報を自店舗に活用することが目的です。

店舗のなかにはすでに改善のための施策を行っているところがあると思いますが、施策の振り返りはされていますか?

振り返ってみると、「○○をしても、大した成果を得られなかった」ことが意外と多いものです。

そのような場合に、競合店舗の分析結果を活用し、新たな改善を実施します。

しかし、一気にさまざまな改善を行うと、どの施策が有効だったのかが分からなくなります。

そのため、できる限りひとつずつ施策改善を行い、成果の進捗を確認することをおすすめします。

成果があったものは複数ページで実施し、成果がなければ新たな施策を試しましょう。

 

分析・活用が難しいなら外注も◎

しかし、競合調査や有効な成果改善を行うためには、多くの時間と労力を要する大変な作業です。

店舗運営者のなかには受発注処理や梱包、送付などの作業を行っているため、時間を掛けられない方がいらっしゃるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、当社のようなコンサルティングへの外注です。

コンサルティング会社にはさまざまなノウハウや実績が蓄積されているため、収益体質を改善するための提案を受けられます。

定期的にミーティングを行うことで、どの施策にどれだけ成果があったのかを詳しく理解することができます。

サービスを利用するためには一定の費用が必要となりますが、その分有益な情報を得られる点が魅力です。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ|収益を上げるためには競合分析は不可欠

今回は、楽天市場における競合分析についてご説明しました。

自店舗が取り扱っている商品と似た商品を販売したり、自店舗で特に売れている商品を販売したりしている店舗が競合になります。

競合店舗をリサーチする際は、ユーザーニーズやユーザー体験、ショップそのものの運営状況の観点からチェックします。

自店舗にない魅力を洗い出し、反映することで改善が可能ですので、競合店舗を徹底的に調べ上げましょう。

-楽天市場|Rakuten