楽天市場で利用できるサービス「楽天スーパーDEAL」とは?

楽天市場で利用できるサービス「楽天スーパーDEAL」とは?

楽天市場ではユーザーが利用しやすいようにと、店舗が収益を上げやすいようにさまざまなサービスを提供しています。 店舗側にとって、広告運用やセールへの参加といったプロモーションは集客や収益に大きな影響を及ぼすものです。 そのなかには、「楽天スーパーDEAL」というものがあり、こちらは多くの店舗が利用しているプロモーション手段です。 今回は、楽天市場で利用できるサービス「楽天スーパーDEAL」についてご説明します。  

「楽天スーパーDEAL」とは?

楽天スーパーDEALとは、ポイント還元率が30%以上の高還元型サービスを指します。 スーパーDEALに参加することでユーザーは最低でも30%、最高で50%の還元を得ることができるのです。 楽天市場が多くのユーザーに利用される理由のひとつとして、その高いポイント還元率が挙げられます。 楽天関連のサービスで獲得したポイントは楽天内だけではなく、コンビニやスーパーなどでも利用することができます。 そのため、楽天市場で買い物をすると、商品だけではなく高いポイントを付与してもらえる点も魅力なのです。 楽天スーパーDEALで5,000円の買い物をすると、下記のポイントを得ることができます。
  • 30%の場合:1,500ポイント
  • 50%の場合:2,500ポイント
  通常の買い物ではポイントの上限が10%であることから、最大でも500ポイントしか得られません。 このことからも、楽天スーパーDEALの還元率の高さをご理解いただけるのではないでしょうか?  

楽天スーパーDEALの魅力

こちらでは、楽天スーパーDEALの魅力をご紹介します。  

還元率の高さ

先述の通り、楽天スーパーDEALではユーザーは30%から50%のポイント還元を受けることができます。 同じ価格の同じ商品が検索結果にヒットした場合、ユーザーは次にポイント還元率を確認します。 10%と30%で比較した場合、後者は前者の3倍のポイントを得ることができるため、選ばれる可能性が高いです。 このように、還元率の高さを利用してユーザーにアピールできる点は楽天スーパーDEALの魅力といえます。  

ユーザーに認知されやすい

楽天スーパーDEALを利用することで、ポイント還元率の高さを利用してユーザーに訴求することができます。 楽天スーパーDEAL用の検索窓と通常の検索窓に同じキーワードを入力しても、実は検索結果が異なります。 多くのポイント還元をしてくれるスーパーDEALから検索するユーザーが多いことから、ユーザーに認知されやすいといえます。 楽天スーパーDEALの商品はポイント還元率が赤色に表示される点も、ユーザーに認知されやすい理由のひとつです。  

購買意欲をあおることができる

実は、楽天スーパーDEALの対象商品は期間を設定することができるのです。 期間を設けていない割引やポイント還元の場合、いつも一緒だと思い転換率は伸びにくい傾向にあります。 一方、期間を設定することで「今だけ」感を強められるため、ユーザーの購買意欲をあおることができるのです。 スーパーDEALに限らず、割引やポイント還元を行う際は永久にではなく、期間を限定することをおすすめします。  

楽天スーパーDEALへの掲載条件

このように、楽天スーパーDEALには多くの魅力がありますが、どの商品でも掲載することができるというわけではありません。 具体的には楽天から制限を掛けられているわけではないため、自店舗が販売している商品はスーパーDEALの対象にはなります。 しかし、スーパーDEALのポイントバックに必要な費用は店舗負担となることから、マイナス収益となる可能性があるのです。 また、スーパーDEALに掲載するためには売り上げの10%を支払う必要があるため、さらにマイナスとなってしまいます。 ミニマムの還元率が30%であることから、スーパーDEALに参加すると最低でも40%の費用負担が必要になるのです。 そのため、業種や店舗の経営方針によっては、楽天スーパーDEAL自体に参加することができない可能性があります。  

楽天スーパーDEALの種類

楽天スーパーDEALには、下記のように「タイアップ枠」「24時間限定枠」「タイムセール枠」の3種類があります。  

タイアップ枠

タイアップ枠では、その店舗のみでDEAL商品を並べたタイアップページを用意することができます。 楽天市場ではブランドやショップの紹介も可能であり、スーパーDEALと組み合わせると認知度アップの効果を得られます。 下記、タイアップ枠に商品を並べるための条件です。
  • 21から60商品を掲載する
  • 2週間の掲載期間を通してポイントバックを行う
  • 最低でも30%以上のポイントバック率にする
 

24時間限定枠

24時間限定枠とは、楽天市場のトップページから商品ページの導線が設置されるメニューを指します。 こちらの枠に掲載されるためには、楽天市場によって選定されなければなりません。 楽天市場のトップページという、多くのユーザーが通るページからのアクセスを獲得できるため、集客にも効果的です。 また、ブランドロゴも表示されるため、認知度アップにも貢献してくれることでしょう。  

タイムセール枠

タイムセール枠は楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどの大型イベントの際に開設される枠です。 これらのイベントは楽天市場内でも大きなイベントであることから、多くのユーザーを集められる可能性があります。 スーパーセールやお買い物マラソンは既存顧客の囲い込みだけではなく、新規顧客獲得にも大きな成果が期待できます。  

楽天スーパーDEALの活用方法

楽天スーパーDEALを活用する際には、下記のポイントを押さえておきましょう。
  • 期間を設定する
  • 楽天スーパーDEALを実施する目的を明確にする(新規顧客獲得?リピーターの囲い込み?)
  • 実施前後の実績を確認する
  還元するポイントを自店舗が負担することから、下記のような商品が対象になることが多いです。
  • 高額な商品
  • 利益率を確保しやすい商品
  • 在庫が滞留している商品
  • ニッチな商品 など
  楽天スーパーDEALを活用する際は、まずはなぜ活用したいのかを明確にしましょう。 また、活用前後の実績を確認し、今後もするべきなのか、還元率は適正地なのかを検討する必要があります。  

まとめ|還元ポイントは自店舗負担だが効果は大きい

今回は、楽天スーパーDEALについてご説明しました。 楽天スーパーDEALは最低還元ポイントが30%と、ほかのイベントよりも多くのポイントを得られます。 そのため、楽天スーパーDEALを利用することでユーザーに認知されやすく、購買意欲をあおることができます。 一方、還元するポイントは自店舗が負担するため、最低でも40%の損益が発生する点には注意しましょう。 実施目的や商品を選定することで、スーパーDEALを最大限に活用することができるのです。

-楽天市場|Rakuten