楽天市場では個人事業主と法人のどちらで出店するべき?

楽天市場では個人事業主と法人のどちらで出店するべき?

楽天市場には個人事業主や法人といった、さまざまな店舗が出店しています。 楽天市場での出店は、個人事業主と法人のどちらがよいのでしょうか?   今回は、楽天市場では個人事業主と法人のどちらで出店するべきなのかについて、個人事業主と法人のメリット、楽天市場のデメリットとあわせて解説します。  

個人事業主として出店するメリット

下記にて、個人事業主として出店するメリット・デメリットをご説明します。  

メリット

個人事業主が楽天市場に出店することによって、巨大ECモールの恩恵を直接受けることができます。 法人と比べると、個人事業主は資金調達などが難しいことが多いため、資本が少ない傾向にあります。 そのため、プロモーションを行う際には費用対効果・収支の観点から合わないことが多いのです。 しかし、楽天市場では楽天本体がプロモーションを行ってくれるため、比較的低コストで認知拡大と収益向上を実現できます。 また、はじめて出店する個人事業主でも、ECコンサルタントや楽天大学など、さまざまなサポートを受けられる点もメリットです。 ほかにも、自社ECサイトと比べて、サイトを育成するコストを抑えたうえでお客様のデータを取得できる点もメリットとなります。    

法人として出店するメリット

 

メリット

法人として楽天市場に出店することで得られるメリットのひとつとして、審査の通過しやすさが挙げられます。 楽天市場では個人事業主、法人問わず、出店前に審査を通過しなければなりません。 審査の際に見られるポイントとしては会社名や本社所在地などの基本情報から、実績も見られるといわれています。 そのため、楽天に出店することを目的としている個人事業主は実績がないため、審査時に不利に働く可能性があるのです。 一方、多くの法人は楽天以外でビジネスを行っていた実績を保有していることが多いため、審査を通過しやすい傾向にあります。 出店後についても、個人事業主よりも法人を信用する傾向にあるユーザーが多いことから、収益を増やしやすいでしょう。      

楽天市場のデメリット

一方、楽天市場のデメリットとしてはAmazonやYahoo!よりも出店費用が高額であることが挙げられます。 下記の通り、楽天ではさまざまなプランが用意されていますが、プランに関わらず最低でも20,000円以上の費用が発生します。  
  がんばれ!プラン スタンダードプラン メガショッププラン
対象者 ネットショップ運営のご経験が少ない事業者様におすすめ! 目標月商が約140万円以上の事業者様におすすめ! 商品数や画像量が多く必要な事業者様におすすめ!
月額費用 19,500円 50,000円 100,000円
支払方法 年間一括払い 半年ごとの2回分割払い 半年ごとの2回分割払い
契約期間 1年 1年 1年
登録可能商品数 5,000商品まで 20,000商品まで 無制限
画像容量 500MBまで 5GBまで 無制限
システム手数料 パソコン 3.5%~6.5%   モバイル 4.0%~7.0% パソコン 2.0%~4.0%   モバイル 2.5%~4.5% パソコン 2.0%~4.0%   モバイル 2.5%~4.5%
  ほかのモールでは上記よりもリーズナブルな価格で利用できるため、楽天で売上を上げることが可能な法人での出店と比較して、個人事業主では高額なランニングコストがデメリットといえるでしょう。 しかし、楽天市場に多くの店舗が出店している理由は、その集客力とユーザー数の多さにあります。 楽天市場の月間利用者数は5,000万人であり、これはほかのECモールよりも多い数値となっています。 このことから、しっかりと売り上げを作ることができればランニングコストは実店舗でいう賃料の感覚になるでしょう。 なお、上記のプランは個人事業主、法人両方が対象となります。    

まとめ|楽天に合わせるのではなく、自店舗に合わせよう

今回は、楽天市場における個人事業主と法人のメリット、楽天市場のデメリットについてご説明しました。 個人事業主にはECモールの恩恵を受けやすかったり、さまざまなサポートを受けられたりする点が挙げられます。 法人については審査が通過しやすい点と、ユーザーからの信頼を得やすい点がメリットです。 しかし、個人事業主、法人ともにほかのECモールよりもランニングコストが高い点はデメリットとなります。 個人事業主と法人でプランは同じですが、顧客からの信用を得られる点では、法人での出店が良いでしょう。

-楽天市場|Rakuten